不快なフケをかゆみを抑える湯シャン法


湯シャンをはじめた女性の中には、

 

「フケ」や「かゆみ」に悩まされる方がいるようです。

 

こういった頭皮トラブルは、

 

湯シャンを長く続けることの障害にもなり、

 

実際に途中でやめてしまう人も少なくありません。

 

 

湯シャンによる、不快なフケやかゆみの原因や、

 

予防する方法などを覚えておきましょう。

 

 

 

「フケ」「かゆみ」は頭皮ケア不足が原因?

 

湯シャンによる「フケ」や「かゆみ」は、

 

”頭皮ケア不足”が原因であらわれることが多いようです。

 

 

頭皮が荒れてしまうことで角質がはがれると、

 

頭皮の「バリア機能」が低下してさまざまなトラブルが引き起こされるようになります。

 

市販シャンプーの「合成界面活性剤」を使わない、

 

という安心感が、湯シャンをする人を油断させるようです。


 

 

市販シャンプーやリンスは、

 

合成界面活性剤という頭皮に悪い成分を使っていますが、

 

それによって頭皮トラブルが起きにくいように、

 

十分な「保湿剤」も配合してカバーしています。

 

 

 

湯シャンをはじめる人は、

 

同時にリンスやコンディショナーなどもやめてしまうので、

 

頭皮にはまったく保湿成分がない状態になってしまうのです。

 

 

「お湯」にも皮脂を洗い流してしまうくらいの洗浄力がありますから、

 

たとえ湯シャンといえども、保湿ケアは必要なのです。

 

「洗髪後に必ず保湿ケアをすること・・」

 

これが正しい湯シャン法だということを覚えておきましょう。

 

 

 

 

保湿をしないと湿疹やデキモノができることも・・・


頭皮には「バリア機能」という、

 

ウイルスや雑菌から体を守る構造があります。

 

 

保湿ケアを怠って頭皮が荒れてしまうと、

 

このバリア機能が壊れてしまい、

 

頭皮に雑菌が繁殖してしまうのです。

 

 

すると、頭皮はアレルギー反応を起こして「強いかゆみ」を感じるようになります。

 

 

アレルギー反応は、

 

自分の体の中の免疫が、

 

雑菌などを攻撃して体を守るために起きる機能です。

 

 

バリア機能が低下した状態が続くと、

 

免疫機能による攻撃がつづいて、

 

最悪の場合には湿疹やデキモノができてしまいます。

 

 

こうなると、かゆみはさらに強くなり、

 

無意識にかいてしまうこと頭皮はボロボロになって、

 

大量のフケをつくりだす結果となるのです。

 

 

 

 

まとめ

 

保湿ケア以外にも湯シャンにはさまざまなテクニックがあります。

 

  • ヘアブラシの使用
  • ぬるま湯の使用
  • 湯シャンあとのタオルドライ
  • 湯シャンあとのドライヤー
  • 湯シャン専用スカルプクレンジングローションの使用

 

これらで湯シャンをサポートし、「フケ」「かゆみ」を解消しましょう。

関連ページ

白髪には湯シャンが効果的ってホント?
湯シャンによる白髪の改善メカニズムや効果についてまとました。
女性がやると湯シャンはあまり効果ない?
湯シャン特有のベタツキや臭いって気になりますよね。私はそれに加えてフケや痒み、抜け毛にも悩まされて大変でした。このサイトでは湯シャンの正しいやり方や効果など体験談とお伝えします。湯シャンで悩んでる人に知ってほしい解決策や解消法をお伝えします。
湯シャンでハゲたのは一時的?
湯シャン特有のベタツキや臭いって気になりますよね。私はそれに加えてフケや痒み、抜け毛にも悩まされて大変でした。このサイトでは湯シャンの正しいやり方や効果など体験談とお伝えします。湯シャンで悩んでる人に知ってほしい解決策や解消法をお伝えします。
抜け毛がひどいのは湯シャンのやり方が悪い?
湯シャンをしていて抜け毛がひどいのはやり方が悪いことが原因なのかを検証しました。